♡DAYS

やっぱり、1日8時間労働は長すぎるよね。暇人が最強です。

こんにちは。

ダメ人間系ブロガーの猫山田です。

皆さんは、1日に何時間お仕事していますか?

 

 

今現在

日本社会では

だいたい、1日8時間労働というのが普通ですよね。

 

いつからこんなにダメ人間になったのか

お家が好きすぎるのか、なんなのか…。

 

猫山田は仕事の時間が

苦痛でたまらなくなってしまいました。

 

 

平日の自分の時間、どのくらいか考えたことある??

 

仕事がある日、

自分がフリーに使える時間が

どのくらいあるのか?

考えたことはありますか?

 

私は、以前から自分の時間の使い方を

改善したいと思っていて

私って時間の使い方が下手だなぁって。。

それである時、丸い円グラフで

1日の時間の使い方を

書き出してみたことがあります。

 

そう、それでね。

 

1日8時間仕事して、

休憩を1時間とらないといけないから

9時間も職場にいないといけなくて、

 

通勤に40分とか掛かって、

 

職場には15分くらい前に

到着しないといけないから

結局1時間以上前に家を出ないといけなくて、

 

さらに、朝礼とか終礼とかあったら

もっと拘束時間が生まれて…

 

とか考えてたら、

めっちゃブルーになりますよね。笑

 

最低でも、1日11時間は

仕事のための時間になるわけですよね。

 

仕事に行くために、

メイクして準備してとかも考えると12時間。

 

もう、1日の半分が仕事のための時間ですよ。

 

7〜8時間寝て、

掃除・入浴・食事などの生活時間をプラスすると

残り時間は1〜2時間。

 

もちろん、

お風呂やスキンケアの時間は幸せタイムだし

 

掃除だって、

部屋がキレイになることで

メンタルにも爽快感を感じます。

 

 

…本来そのはずなのに、

明日も〇〇時から仕事で、

〇〇時に到着するためには、このくらいに家を出て

そのためにはこのくらいに起きないといけないから、

今日は〇〇時までに寝て…

って考えていると

 

すべての行動が仕事のためにあるような

そんな気持ちになってしまって

ついには

仕事をするのがとてつもなく

嫌になってしまいました。

 

仕事に時間を奪われているような、

搾取されているような

感覚になってしまうんです。

 

円グラフで具体的に時間を把握したダメージは

なんかすごくデカかった!笑

 

昔はなんなら、

12時間くらい

普通に働いていたんですけどねぇ…。。

 

 

収入は少なくても、時間があると言う贅沢

 

時間に縛られるのがいやで

現在は、フリーランス的な働き方をしています。

 

1日4〜6時間働くのを

週に3〜4日。

 

時間があって快適ですが

31歳、いい歳にしては情けないくらいの収入。

 

それでも、

お金の代わりに時間をもらっている

…という感覚で

 

今はなるべく、

空いた時間でブログを書くことにしています。

 

 

フリーランスといっても

接客業なので

通勤の必要はあるので

ストレスフリーとはいかず

もっと出勤を減らしたい気持ちもあります。笑

 

でも、今くらい時間があると

ストレスは本当に最小限。

通勤時間も極力減らしたので

それも快適です。

 

時間に余裕があると

やっぱり気持ちの余裕が全然違います。

 

日々の季節のうつろいや

自分のメンタルの変化とか

そういうものにも、

ある程度向きあう余裕があるって素晴らしいです。

 

あと、今まで気が向かなかったお誘いにも

気が向くようになったりするので

行動範囲も広くなります。

 

 

でも、本当は何かに熱中したい!

 

さて、日本の労働時間の長さを愚痴りましたが

結局のところ、長いと感じてしまうのは

仕事が楽しくないからなんですよね。

 

お給料で仕事を選んだりするから

そういうことになるのですが

 

仕事が楽しいと感じていれば

1日10時間だろうが

14時間だろうが苦にならないだろうし

 

そんな風に、

自分が熱中できることを真剣に考えて

自分が熱中できることを

仕事にするための努力をしてこなかった

自分のせいでもあるのですよね。

 

私は、猫を7匹飼っていて

結婚というのは諦めているので

完全に自分で稼がないといけないんですが

 

一生働くならなおさら

熱中できて、人生が楽し行くなるような仕事を

今からでも見つけたいです。

 

ですが、猫がいるので

なるべく労働時間は短くしたいけど。

自分の好きを見つけるために、日記をつけ始めました♡

 

関連記事:

自分の好きなこと、やりたいことがわからない私が取り入れたい日記を書く習慣