♡DIET

1ヶ月糖質制限して私が感じたこと。

こんにちは!

ダイエットブロガーです♡

 

糖質制限ダイエット、高級ダイエットジムの影響などもあり、かなり一般的に広まりましたよね。

 

私も、昨年2017年の12月に、軽い糖質制限にチャレンジしたので、そのときのことをレポしたいと思います。

 

 

1か月のMEC食チャレンジ

私が挑戦したのは、MEC食という食事方法です。

MEC食のMECというのは…

  • M…meat 肉
  • E…egg 卵
  • C…cheese チーズ

の頭文字からきています。

MEC食は、糖質制限というよりは、まずはMEC食で満たし、それでも食べたければ何を食べてもOK!という感じ。

 

1日200gのお肉・卵3個・チーズ120gを、まずは先に食べること!

(よく噛んで食べるというルールもある。)

肉・卵・チーズの最低量を満たすことで、人間に必要な栄養の大部分が摂取できるので、栄養不足からの暴食欲というものが落ち着いてくるので、MEC食で満たしたあと何を食べてもOKといっても、そんなに食べなくて済みますよ…という感じの食事方法です。

 

メリットとしては、肉・卵・チーズのあとに何を食べても良い!という、ある種のユルさのおかげで、挑戦するハードルが低くなっていること。

私も気軽に始めることができました。

 

 

実際の食生活

 

実際に、MEC食に挑戦していた間の食生活はこんな感じ。

肉類・卵はたっぷり食べていました。

チーズはあまり好きじゃないので、クリームチーズとかで食べたり。

あと、私はどうしても野菜がすきで、野菜を減らすのはつらいので、野菜はいっぱい食べてました。

 

糖質量としては、1日60gくらいになってたんじゃないかな?という感じです。

 

 

1か月MEC食をやってみた結果

結論から言うと、少しも痩せませんでした。笑

食べすぎなんでしょうね。。

 

どうしても甘いものが好きなので、ローカーボの手作りスイーツの本とか買ったりして、ラカントで甘味付けして作ったりしてたんですよ。

結局ダイエットはカロリー制限!という考えになった現在では、痩せなかったのは、まぁ当然かなという感じ。

 

だって、ゴマとココアパウダーとラカントを、ココナッツオイルで固めたなんちゃってチョコレートとかですよ。笑

 

 

いやコレ、マジでチョコレート感のある神レシピなんですけど、カロリー制限で考えたらヤバイやつじゃないですか。

まぁ、ちょっと失礼なこと言っちゃいますけど、レシピの紹介してる人がそもそもぽっちゃりしてましたので、ここまでして甘いもの食べようっていうタイプの人はやっぱり痩せにくいんだろうなって思いました。私のことも含めてですよ。

 

私の場合、こういうオヤツだけじゃなくて、ナッツとかもぼりぼりと食べてましたので、やっぱり総量としてカロリー過多になっていたと思います。

 

また、手作りオヤツのせいかもしれないけど、私の場合はこの1か月で甘いものへの欲求がより強くなった感じがしました。渇望感っていうかね。

 

 

結局、糖質制限ってどうなの?

1か月、ゆるめの糖質制限をやってみた私の結論は…。

 

結局、痩せたかったらカロリーコントロールするのが一番早いってこと。

森拓郎さんもVoicyで良く言われていますが、糖質制限ってお医者さんの領域。

ダイエットとは少しちがうんだなって思いました。

 

普通体型とか、ちょっとぽっちゃり体型の、健康を害していないひとは、カロリーコントロールと多少のトレーニングで美容体型を目指していくのが効率が良さそうです。

 

そして、一生糖質ナシで生きていける人以外は、糖質制限はしないほうがいいってこと。

甘党は、どこまでいっても甘党なんですよ。

一生我慢できないなら、適度に糖質もとってダイエットしたほうがいいなって思いました。

私の場合、甘いものへの渇望感がけっこう酷くなってしまったので、向いてなかったんだなって思います。

コンビニとかでも抵糖質スイーツとか売ってるけど、結構美味しくないですしね。

いかにも人口甘味料っていう味が、やっぱり満足感ないんですよね。

 

糖質じゃなければ、いくら食べても太らない…なんてことはないんですよね。

肉だろうが卵だろうが、カロリーオーバーしたら太るわけです。

 

糖質制限とかでなく、もっと全体的に栄養をしっかり摂る意識をすることが、ドカ食いや暴食欲を抑えてダイエットするのに重要だなって最近は思っています。