COOKING

一人暮らし必見♡ズボラでも自炊習慣が身につく5つのコツ

こんにちは!

ダメ人間代表♡ズボラ女子ブロガーの猫山田です。

 

ひとり暮らしの皆さん、自炊していますか?

 

やっぱり、料理に慣れていないと、自炊の習慣ってけっこうハードル高いですよね。

忙しいと、時間もないし作る気になれなくて、ついついコンビニご飯や外食に頼ってしまったり…。

食材を買っても、使い切れなくてダメにしてしまったり…。

 

ちゃんと自炊習慣が身につけば、健康にも美容にも経済的にも良いのはわかってるけど、中々上手くいかないですよね。

 

私は18歳のときに家を出て、もう14年にもなりますが、自炊が習慣になったのは本当につい最近です。

そんなズボラ人間代表の猫山田が自炊を習慣化するためにやっていることを、今日はまとめてみたいと思います!

 

自炊のコツその1:冷凍食品を手作りしよう!

さて、最初におすすめするのが、冷凍食品を手作りする方法。

 

私が自炊習慣を身につけられたのは、この手作り冷凍食品のおかげというのが大きいです。

主婦の方とか、お料理の習慣がある人にはメジャーな方法みたいなんですが、私の中ではかなり革命的でした!

「下味冷凍」とか、「味付冷凍」と呼ばれる方法です。

 

 

ジップロックの袋の中に、切った食材と調味料を入れてジッパーを閉じて冷凍庫に入れるだけ!

食べるときは、流水で半解凍にしてからフライパンで焼くだけ!

…という感じで、とっても手軽なんです。

 

私は、前日の夜に次の日食べる分を冷蔵庫に移して解凍しておくようになりました。

 

食材を買ってきたら、切るだけ切って調味料と一緒に袋にポイ!

冷凍前に火を使わないというのが、冷凍食品作りが苦にならないので、すごく楽で助かります。

それでいて、調味料などは自分で好みのものを使えるので、添加物を気にしなくていいのも嬉しいポイント。

 

月に2回とか、冷凍食品を作る日を決めてしまえば、その後はちょっとフライパンで焼くだけなので、自炊のハードルはめっちゃ下がります。

また、まとめて冷凍食品にしてしまうので、食材が余ったり、使い切れなくてダメにしてしまうことが殆どなくなりました。

 

食材をダメにしてしまうっていうのは、自炊への苦手意識になりますよね。

下味冷凍を活用すれば、買った食材をきれいに使いきれる快感を味わえます!

 

 

自炊のコツその2:「みそまる」を常備しよう!

「みそまる」というモノをご存知ですか?

 

みそ汁1杯分の味噌に、粉末ダシや乾燥食材なとを混ぜ込んでつくる、即席みそ汁なんですが、これが超便利なんです。

 

作るときはちょっと手間かも知れないけど、1杯分のみそ汁が手軽に飲めて、しかも美味しいんですよ。

冷凍しておけるのですが、凍らないのでお湯を注ぐだけですぐに完成します。

 

ちょっと良い粉末ダシを使えば、ダシの効いた超美味しいみそ汁に!

 

具材は、干しえびや乾燥わかめ、油揚げ、あさつきなどのベーシックなものもいいし、あおさやフリーズドライの納豆なんかも美味しいです。

レシピ本では、コーンやバター、チーズなどを使用したみそまるも紹介されています。

 

わたしは、普段あまり海藻類を食べなかったのですが、みそまるに乾燥わかめを入れてあるので、最近は摂取するようになりました。

普段不足しがちな栄養を気軽に補えるのも、みそまるの良いところだと思います。

 

ていうか、一人分のみそ汁って、ちょっと作る気にならないじゃないですか。

でも、インスタントのみそ汁もなんか違うなって思ってしまうエセ健康志向な30代。

 

そんな感じで、みそ汁自体ほとんど食事のラインナップに入らなかったのですが、気軽に1品増やせるのが本当にすごく良くて、みそまるお気に入りです!

 

 

 

 

自炊のコツその3:手作りミックスベジタブルで、いつでもスープが飲める!

3つめは、手作りミックスベジタブル!

 

これも、手作り冷凍食品。

下味冷凍系の本に載っていた方法です。

 

 

好きな野菜ミックスを作るっていうのが、本当に便利です。

  1. 玉ねぎ・人参・ピーマン→スープ用・野菜炒め
  2. カボチャ・ブロッコリー→スープ・シチュー
  3. ごぼう・人参・大根→豚汁
  4. きのこMIX→スープ・野菜炒め

…こんな感じで、スープだけじゃなくて、野菜炒めとかシチューとか、切ってミックスして冷凍しておくだけで、使い勝手がいいので助かります。

 

私が気に入っているのは、ごぼう人参大根でつくる豚汁ミックス。

1度冷凍することで、火が通るのが早くなるので、調理時間もけっこう短くて済みます。

みそまると豚汁ミックスと豚モモ肉で、豚汁もすぐできます♡

豚汁美味しいですよね!

 

 

自炊のコツその4:常備菜のお気に入りレシピを見つけよう!

下味冷凍だけでもだいぶ自炊が楽になりますが、常備菜も、お気に入りのレシピを3つくらい見つけておくと、献立のラインナップが増えて、食べる満足度もあがります。

 

わたしは、最近「夏野菜のおひたし」がお気に入り!

下味冷凍にくらべるとちょっと手間に感じますが、レシピを覚えてしまえば、何かのついでにサクッと作れるようになります。

 

私は、常備菜を何日も食べるのがちょっと苦手なので、作ってもせいぜい3日以内には食べますが、

下味冷凍のおかずをフライパンで焼いている間に、明日食べる副菜を仕込む…というような感じです。

もちろん、毎日はやってないですけど、時々やっておくと、食卓が豪華になって良い感じです。

週に2回くらいはやりますかね。

 

ちなみに、おひたし系がけっこう好き。

ほかは、ナスのだし浸しとか、味付たまごとか作ります。

 

自炊のコツその5:10分以内にできるメニューを覚えよう!

最近の食事は、下味冷凍のメインおかずと、仕込んだ副菜orみそ汁、すぐにできる1品

…という感じのご飯です。だいたい。

 

 

 

下味冷凍のおかずは、すでに冷蔵庫で解凍できていて、フライパンで火を通すのに10分くらい。

その間にもう1~2品くらい作るようにしています。

 

もう1~2品といっても、サラダとかだったら切るだけ。

キャベツ+塩昆布+ゴマ油のやみつきキャベツとか…。

野菜切ってドレッシングかけるだけとか…。

レタスちぎってツナ缶としょうゆ掛けるだけとか…。

そんな感じでやってます。

 

あとは、卵料理は早いので、卵料理もよく作ります。

最近は納豆オムレツがお気に入り!

にんじんしりしりも大好き!

甘くしたらデザートっぽくもなるので、卵万能です♡

 

 

最後に

こんな感じでまとめてみました!

 

下味冷凍が本当に神!!

1食分ずつ冷凍するので、自炊するとなんか作りすぎて食べ過ぎてしまう…という方にも、おすすめの方法です!

 

下味冷凍を始めてからの自炊率は90%くらいになりました!

付き合いで外食することはありますが、コンビニ飯やスーパーのお惣菜は本当に買わなくなりました。

あ、揚げ物だけは家でやらないので、このまえコロッケは買いましたけど。

本当にそのくらい。

 

やっぱり、ダイエットの基本は自炊だし、自分で作ったほうが安心ですよね!

 

一人暮らしで中々自炊の習慣がつかない人は、是非ともお試しくださいね♡