♡DAYS

一切の努力なし!私が禁煙に成功した方法

こんにちは!

禁煙成功しちゃった系ブロガーの猫山田です♡

今日は、わたしが禁煙に成功した方法を書きたいと思います♡

決意なし!

努力なし!

我慢ほぼなし!

で、意志のよわ〜い私でも卒煙できた方法です!

 

 

離煙パイプが超すごい!!

はじめに書いちゃいますが

私が禁煙する際に使用したグッズが

「離煙パイプ」というモノ。

 

 

なんだそりゃ?

という方のために

ざっくり説明しますと…

 

離煙パイプは

1ヶ月分、31本のパイプがセット。

 

タバコの吸い口にパイプを取り付けるのですが

これを毎日取り替えていきます。

f:id:yu-ko-simpleandlovely:20180725132421j:image

31本のパイプには番号が振ってあり、

1日目は1番のパイプを使用。

2日目は2番のパイプ…といった感じです。

 

パイプにはわずかな穴が開いており

パイプの番号が進むたびに、吸う時にパイプの穴から漏れるニコチンやタールの量が増えるので、

当然、体内に取り込むニコチンやタールの量が減り…

約1ヶ月かけてゆっくりと、タバコへの依存度を低減させてくれるのです。

 

このシステムのおかげで、

本当に楽に卒煙できました。

 

 

禁煙補助薬よりも離煙パイプをオススメする理由

「お医者さんと禁煙」というCMがありましたね。

最近TVを見ないのですが

まだCMやってるんでしょうか?

 

「お医者さんと禁煙」という方法は

禁煙外来という病院に行き、タバコを受け付けなくする、チャンピックスという薬を処方してもらうもの。

 

私は、禁煙外来での禁煙にチャレンジしたこともあります。笑

チャンピックスという薬は、タバコを吸うと気持ち悪くなるので、禁煙に確かに効果はあります。

 

ですが、人によっては吐き気などの副作用で、薬を飲み続けるのが難しかったりします。

 

私の場合はまさにコレで、吐き気がひどく、とても仕事にならなかったので、薬の服用を中断せざるを得ませんでした。

 

その点離煙パイプは、ただ単にパイプに穴が空いている…というだけ。

 

そもそも薬効効果があるわけではないので、副作用で体が辛くなる…なんて心配はありません。

 

副作用なし!

それでいて、禁煙効果も高い!

…という、本当に優秀な禁煙グッズです。

 

開発してくださった方に、

もう感謝しかありません。

 

 

禁煙ガムより離煙パイプがオススメの理由

禁煙グッズを活用した禁煙方法といえば

禁煙ガムや禁煙パッチが有名ですよね!

 

ニコレットなど、

ドラッグストアでも購入することができるので、挑戦しやすい禁煙方法です。

f:id:yu-ko-simpleandlovely:20180725133951j:image

パッチを肌に貼り付けたり、禁煙ガムを噛むことで、タバコ以外の方法で体にニコチンを取りこみ、禁煙時の禁断症状のようなものを和らげてくれます。

 

喫煙という「動作」から、まずはやめていきましょう。。

…という感じの商品ですよね。

 

ですが、この商品にも欠点が。。

 

そう。

まずは、タバコをやめる!

…という強い意志が必要だと言うことです。笑

 

ニコチンをガムなどで体内に取り込んでしまうので

そのうえ更にタバコを吸う…というのは

推奨されていません。

 

ニコレットやニコチンパッチを使用しはじめたら、その段階で喫煙は辞めなければなりませんが、

喫煙習慣そのものへの依存との戦いは、自分で勝たなければならない、あくまで、タバコを吸わないで使用する商品です。

 

ですが、まずタバコをやめる。

…という、その第1歩がね。

1番大変だと、私は思います。

 

そもそも、吸うという行為への依存が強いので

ニコチン入れときゃOKなんてことにはならないんですよね。

 

その点、離煙パイプを使用すると、

まぁ、パイプが31本セットになっていますから

最短でも、禁煙までに31日の猶予があります。

 

実際には、吸っているタバコの強さに応じて、

禁煙成功までに31日以上かかります。

(その際は、パイプを洗って再利用します。)

 

離煙パイプを使用し始めてから、完全に吸わなくなるまでに

私の場合は2ヶ月くらいかかったと思います。

 

ですが、その2ヶ月の間の変化も大きく、

1日に吸う本数が劇的に減り、

3日に2本…

5日に2〜3本…

週に1〜2本…

という感じで、喫煙本数はかなり減りました。

 

私の場合、本当に自然といらなくなるまでは、喫煙を続けようと思っていたので

2ヶ月くらいかかりましたが、そのおかげで本当に無理なく、もう必要ないなと心から感じて卒煙することができました。

 

本当に、意志なんてゼロ!!

離煙パイプをつけて吸う。

…これだけ守っていれば

自然とタバコを手放すことができます。

 

 

離煙パイプで禁煙するデメリット

一応、離煙パイプにもデメリットのようなものがあるので書いておきます。

 

もう、本当にデメリットなんてほとんどないのですが、

唯一あるとすれば、吸い心地の悪さです。

 

なので、全くストレスフリー!

…というわけにはいきません。

 

穴の空いたパイプをとおして喫煙するので、

まさに穴の空いたタバコの吸い心地です。

 

喫煙者の方なら、経験ありますよね?

タバコの箱にライターを入れて

そのライターに引っかかって

タバコに穴があいている…。

 

でも、ラスト1本とかで

タバコが手元にそれしかなくて、

指で穴を塞ぎながら吸った経験…。笑

 

まさに、その吸い心地なんです。離煙パイプ。

 

この感覚、吸心地には、結局最後まで慣れませんでした。

ふつうに思いっきりタバコ吸いたい!

…って気持ちに、よくなりました。

 

で、時々どうしても普通に吸いたくなって

パイプをつけないで吸うんですけど、

それはそれで違和感を感じるようになってるんですよね。

不思議でした。

 

でも、この吸い心地の悪さも

禁煙達成に一役かっているような気もします。

たいして体にニコチンも入ってこないのに

一生懸命吸ってる感じに違和感を感じるというか。。

 

個人的には、この吸い心地の悪さをもってしても

この世で1番楽な禁煙方法だと思いますので

離煙パイプはデメリット無し!と言ってもいいと思います。

 

離煙パイプがなかったら、私は禁煙できてなかったと思います。

 

でも、この吸い心地がネックで、離煙パイプを継続できない人もいるんじゃないかなぁとは思います。

 

 

最後に

私は、かなりの喫煙依存症でした。

いわゆるチェーンスモーカーというやつで

ひっきりなしにタバコを吸っているタイプ。

 

1番ひどい時期は、セブンスターを1日に3箱吸っていました。

 

私の知人は、私が禁煙できたことに

心底驚いているくらいです。

 

そんな私も、今ではもうすっかり非喫煙者です。

 

喫煙者だった過去を忘れてしまうくらい、タバコのない生活が当たり前になりました。

まぁ、まだ半年くらいしか経っていませんが。

 

でも、もう喫煙者に戻ることないだろうなと思っています。

離煙パイプ、本当におオススメです!

 

 

※吸っているタバコの太さによって

レギュラータイプのパイプか、

スリムタイプのパイプか、違いますので

購入の際は間違えないように気をつけてくださいね!