♡DAYS

離煙パイプで禁煙!スタートしたときの話。

こんにちは。

なんでも3日坊主のダメ人間ブロガー、猫山田です。

 

さて、今日は以前のブログからの移行記事。

現在は禁煙成功してすでに半年以上経つのですが、禁煙を開始したばかりの頃の話です。

 

 

離煙パイプで禁煙スタート!

 

Amazonで購入した離煙パイプが到着!

この日から、卒煙に向けての日々がスタートです。

私が当時吸っていたのは、アメリカンスピリットのオレンジ色のヤツ。

なので、レギュラータイプの離煙パイプを購入しました。

 

多分、最近の極細のタバコに対応したパイプは出てないと思うんですけど、バージニアスリム的な昔からあるスリムタイプのタバコの人は、スリムタイプの離煙パイプをチョイスします。

 

離煙パイプは、31本のパイプがセットになっていて、

毎日タバコに接続するパイプを番号順に換えていくことで、

ニコチン・タールの摂取量を31日かけて徐々に低減させていき

タバコを吸いながらも、タバコへの依存度を減らしてくれる禁煙サポートグッズです。

 

タバコを吸い続けながらも禁煙を目指せるという…

意志薄弱な私には最適の禁煙グッズでした。

自力ではとても禁煙できなかったので。

 

 

開封してみると、さらにこんな感じ。

さらに3つのボックスで分かれていました。

 

小箱の中は、さらに個包装。

1本ずつパイプが入っています。

 

冊子も3冊入っていました。

 

この冊子が結構大事なことが書いてあって、↑上の写真の真ん中の「ニコチン0.2mg以上のタバコをお吸いの方は必ずお読みください。」ってヤツ。

これは本当に大事なので必読。

 

というのも、身体的な依存のないニコチンの量というのが、0.005mgという量なのだそうです。

数字で効いてもピンとこないけど、

ニコチン0.2mg以上のタバコの人は、31本の離煙パイプのセットでは、依存のない0.005mgまで低減させることが出来ないということなんですね。

 

なので、身体的ニコチン依存がなくなる0.005mgまで低減させるには、

まず31のパイプまで使ってから、タバコそのものを0.1mgのものに買い換えて、パイプを2度使いするといいですよ~…って、冊子には書いてありました。

 

私のアメスピは0.4mgだったので、31のパイプまで使ってから、紫の0.1mgのアメスピに買い換えて、No.27~No.31のパイプを再利用しました。

パイプは水洗いすれば再利用できるので経済的です!

 

また、No.31のパイプが10本セットになったキープパイプというセットも売っていて、最後までいってもまだ卒煙できないようだったら、無理に禁煙しないで吸い続けることが出来ます。

本当に、意志薄弱な人には嬉しいシステム!

 

 

さて、1つ1つ個包装になった離煙パイプ。

袋には番号が振ってあり、No.1から順番に使っていきます。

 

パイプはこんな感じ。

 

タバコに装着すると、こんな感じです。

実際にコレで吸ってみると、長ッッ!って感じます。笑

 

吸い心地はどうかというと…

パッケージの裏面に

「いつもとちっとも変わらないな」とか書いてあるんですけど、最初の1口から結構違います。笑

違和感ハンパないです。

 

離煙パイプの構造というか、仕組み上仕方がないことなのですが…

パイプに開けられた小さな穴によってニコチンやタールの吸入量を低減してくれる商品なので、穴の空いたタバコを吸っているような感じです。

なんか、吸っても吸えてない感覚。

吸っても吸っても吹かしているような感じなので、地味にストレスは感じます。笑

 

それでも、タバコを吸いながら卒煙を目指せるので、本当に有難い商品だと思います。

急に吸えなくなるストレスよりは断然マシですよ。

 

まぁでも、穴の開いたタバコを一生懸命吸っている感じがバカバカしくて、それで禁煙できる人もいそう!

 

関連記事:一切の努力なし!私が禁煙に成功した方法